男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

もどり川

  • もどりがわ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.1点(38人)

  • 観たひと

    51

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1983
公開年月日 1983/6/18
上映時間 137分
製作会社 三協映画
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督神代辰巳 
脚本荒井晴彦 
原作連城三紀彦 
製作川野泰彦 
田中収 
島田十九八 
撮影木村公明 
美術横尾嘉良 
音楽監督萩原健一 
音楽ドンジュアン 
篠原信彦 
石間秀機 
録音瀬川徹夫 
照明宮崎清 
編集鈴木晄 
助監督萩原鐵太郎 
スチール井本俊康 

キャスト

出演萩原健一 苑田岳葉
原田美枝子 朱子
藤真利子 ミネ
樋口可南子 琴江
蜷川有紀 文緒
池波志乃 千恵
高橋昌也 桂木
柴俊夫 加藤
加賀まりこ 綾乃
米倉斉加年 村上秋峯

解説

大正ロマンチシズムを生きた、奔放な天才歌人・岳葉と、その野望に身をまかせた女たちを描く。連城三紀彦の『戻り川心中』の映画化。脚本は「時代屋の女房」の荒井晴彦、監督は「赤い帽子の女」の神代辰巳、撮影は「リトルチャンピオン」の木村公明がそれぞれ担当。

あらすじ

今日も苑田岳葉は、浅草・十二階下の遊廓の千恵のところに来ていた。そんな岳葉を外で待つ妻のミネ。ミネは胸を煩っていた。歌風のことで村上秋峯に破門された岳葉は、その夜、前から心ひかれていた秋峯の妻・琴江のところに強引に忍び込み関係をもつ。二人は駈け落ちの約束をし、琴江は駅で岳葉を待つが、彼は秋峯に姦通罪で訴えられて刑務所に送られた。刑期を終えた岳葉は、琴江が十二階下に居るという噂を聞いて出かけ、そこで関東大震災に遇う。その混乱のなか、岳葉はミネを療養所に入れ琴江を探し出すが、彼女は娼婦になっていて岳葉を冷たく突き放すのだった。首をつろうとしていた岳葉のところに、彼のファンだという音楽学校の学生文緒が訪れた。文緒は銀行頭取令嬢で、岳葉との交際を親に知られ家からでることを禁じられたが、姉・綾乃のはからいで京都へ演奏旅行した際、桂川のほとりの旅館で岳葉と落ちあった。岳葉から心中を持ちかけ、手紙で琴江に知らせるが返事は来ない。心中は未遂に終わり、それを詠った桂川情歌で岳葉は有名になった。そして自分が誰かの見替わりだと気づいた文緒は自殺してしまう。ミネを見舞った療養所で、岳葉はもと詩人で今は社会主義運動家の友人・加藤の妻・朱子と知り合った。加藤は胸を煩っていたが、大杉栄が殺されてから過激になり、持ち歩いていた爆弾で彼を追って来た警官と共に爆死してしまう。岳葉は朱子に心中をもちかけ、知らせを聞いた琴江が二人のいる旅館にやってきた。岳葉と琴江が話している間、朱子は岳葉のノートを見つける。そこには心中が未遂に終わり、そのことを詠った歌が書かれていた。夜になり、船で川へ出た二人は薬を飲む。朱子はノートを見たこと、薬を替えたことを言い、昏睡状態におちいった岳葉を死んだものと思い手首を切る。その様子を川のほとりから見つめる琴江。夜があけ、村人に発見された岳葉は命をとりとめたが、そこに琴江の死体があがったという知らせ。それを聞いた岳葉も、自ら命を断つのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1983年8月上旬号

日本映画紹介:もどり川

1983年7月下旬号

テイク・ワン:もどり川

1983年7月上旬号

グラビア:もどり川

1983年5月上旬号

「もどり川」の神代辰巳&萩原健一インタビュー: