男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スローなブギにしてくれ

  • すろーなぶぎにしてくれ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.5点(116人)

  • 観たひと

    211

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1981
公開年月日 1981/4/7
上映時間 130分
製作会社 角川春樹事務所=東映
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督藤田敏八 
脚本内田栄一 
原作片岡義男 
製作角川春樹 
プロデューサー橋本新一 
稲葉清治 
撮影安藤庄平 
美術渡辺平八郎 
装飾金子正且 
音楽南佳孝 
録音紅谷愃一 
照明熊谷秀夫 
編集井上治 
選曲合田豊 
助監督松永好訓 
記録小山三樹子 
スチール遠藤功成 

キャスト

出演浅野温子 さち乃
古尾谷雅人 ゴロー
浅野裕子 敬子
竹田かほり 由紀江
春川ますみ さち乃の母
赤座美代子 花絵
浜村純 老父
滝奈保栄 老母
宮井えりな ハーレーの女
石橋蓮司 刑事
晴乃ピーチク クイーンエリザベスの客A
鈴木ヒロミツ クィーンエリザベスの客B
きくち英一 クィーンエリザベスの客C
藤方佐和子 スナックのママ
鶴田忍 牛どん屋の店長
高橋三千綱 作業服の男A
和泉聖治 作業服の男B
林美雄 テレビカメラマン
原田芳雄 宮里輝男
中沢青六 若い男
高橋仁 少年A
山中健二 少年B
山内友宗 少年C
今井久 少年D
戸田裕子 女の客
小林綾子 マリ
城山いずみ 若い女
宇野靖世 女子大生
江黒稔 真輝
伊丹十三 弁護士
室田日出男 クイーンエリザベスのマスター
山崎努 
岸部一徳 

解説

ふとしたことからめぐり合った二人の男と一人の女の奇妙な生活を描く。片岡義男の同名の小説を映画化したもので脚本は「バージンブルース」の内田栄一、監督は「天使を誘惑」の藤田敏八、撮影は「泥の河」の安藤庄平がそれぞれ担当。

あらすじ

夕暮の第三京浜。白いムスタングから仔猫と若い女の子が放り出され、後ろから来たオートバイの少年に救けられた。こうして出会ったゴローとさち乃は一緒に暮しはじめた。ムスタングの男は、福生の旧米軍ハウスに住み、仕事仲間の輝男と敬子のカップルと同居している。敬子には、どちらが父親かわからない子供がいるが、今は妹の由紀江が面倒を見ている。三人は奇妙な均衡の中で暮していた。ある朝、輝男がジョギング中に心臓発作で死んでしまった。一方、さち乃は行きつけのスナック、クイーンエリザベスでバイトをはじめた。ゴローはバイト先で喧嘩して仕事を辞めてしまい、またさち乃と客の仲を嫉妬してふらりと何処かへ出かける。その寂しさからさち乃はムスタングの男に連絡を取り、季節外れの高原ホテルに旅行に出かける。実はムスタングの男がこのホテルに来た目的とは、別居中の妻との離婚の書類にハンを押すためと、子供のピアノの発表会を見に行くためだった。さち乃は、男が泥酔して帰って来たことと、子供から電話がかかってきたことから事情を察っするのだった。再びゴローとさち乃の生活が始まった。ある日、さち乃が作業服の男たちに強姦された。ゴローは、傷ついたさち乃に心無い言葉を投げかける。その後ゴローは、必死で男たちを捜して目茶苦茶に叩きのめした。ごきげんなゴローにさち乃は「あたしよりも仇を討つことしか考えないの」と咳く。たまらずさち乃は再びムスタングの男と会い、彼の家に身を寄せることになる。しかしそこには敬子と由紀江と赤ん坊が同居しており、さち乃はそんな生活に馴染めず、結局ハウスから去って行く。彼女が出ると同時に、敬子は男と別れることを決意し、由紀江と赤ん坊を連れて出ていく。消えたさち乃を求めて、ムスタングの男はゴローを訪ねる。ところがゴローは、例の作業服の男たちに襲われ、中へ割って入った男は腹を刺されてしまう。三ヵ月の重傷。病院に見舞いに来たさち乃は、今度こそキッパリと男に別れを告げるのだった。スナックでしょげているゴローのところにさち乃が戻って来た。素直に喜べないゴローに、マスターが選んだ曲は「スローなブギにしてくれ」。やがて再び夏が来た。さち乃はゴローの子供を身ごもっていた。そんな時、海から引き揚げられた白いムスタングには女の死体があった。助かった男に、刑事が女との関係を聞くと、男はこう答えるのだった。「拾った、今度は猫は連れてなかった・・・」

関連するキネマ旬報の記事

1981年4月上旬号

日本映画批評:スローなブギにしてくれ

日本映画紹介:スローなブギにしてくれ

1981年3月下旬号

グラビア:スローなブギにしてくれ

特集 「スローなブギにしてくれ」:1 彼女と語った僕の“映像文体”について

特集 「スローなブギにしてくれ」:2 びんぱちサンのいう“凶々しいさすらいのロマン”が揺れる

特集 「スローなブギにしてくれ」:3 80年代へのメッセージ・やさしさの時代の終り

特集 「スローなブギにしてくれ」:4 映画のシナリオはひさびさです

特集 「スローなブギにしてくれ」:5 片岡義男の無機的な世界が好き

1981年3月上旬号

キネ旬試写室:スローなブギにしてくれ