男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エヴァの匂い

  • えばのにおい
  • Eve
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.5点(47人)

  • 観たひと

    77

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1962
公開年月日 1963/6/1
上映時間
製作会社 パリ・フィルム・プロ
配給 ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

イギリスの推理小説作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作をヒューゴー・バトラーとエヴァ・ジョーンズが脚色し、「コンクリート・ジャングル」のジョゼフ・ロージーが監督した心理ドラマ。撮影は「太陽はひとりぼっち」のジャンニ・ディ・ヴェナンツォ、音楽は「新・七つの大罪」のミシェル・ルグラン。出演者は「夜」のジャンヌ・モロー、「コンクリート・ジャングル」のスタンリー・ベイカー、イタリアの新人ヴィルナ・リージなど。製作はロベール・アキムとレイモン・アキム。

あらすじ

雨にけむるヴェニス。一隻のゴンドラが静かに水の上をすべる。そのゴンドラから過ぎゆく景色を眺めているひとりの女。エヴァ(ジャンヌ・モロー)--それがこの女の名前。彼女の住む家はどこともきまっていない。また夫がいるかどうか誰もしらない。ただわかっているのは、幾人もの男がこの女のために身を滅していったということだけ。ティヴィアン・ジョーンズ(スタンリー・ベイカー)もそのひとり。彼は処女作が大当りをとり、一挙に富も名声も獲得した新進作家だった。そして、あとはフランチェスカ(ヴィルナ・リージ)と結婚するばかり。ある雨の降る夜だった。ティヴィアンの別荘にずぶぬれになった男と女が迷いこんできた。エヴァと彼女の客だった。それがティヴィアンとエヴァとの最初の出会いだった。が、その夜以来、ティヴィアンの脳裡にはエヴァの面影がやきついて離れなかった。ある夜、彼はローマのナイト・クラブで黒人の踊りを放心したように眺めているエヴァに会った。その時を契機とし彼はエヴァの肉体におぼれていった。ある週末、彼はエヴァをヴェニスへ誘った。が、彼女は拒絶していた。このことからティヴィアンはフランチェスカとの婚約にふみきった。そのレセプションの席上、エヴァからの電話が鳴った。「ヴェニスへ行きましょう、今すぐ……」。ティヴィアンはすべてを捨てヴェニスへ走った。酒とエヴァとの愛欲の日々。そんな関係におぼれたティヴィアンは口走った。小説は自分が書いたのではないことを……。ティヴィアンはフランチェスカのもとに帰った。二人の結婚式はゴンドラの上で行われた。が、エヴァからまた呪わしい電話がかかってきた。ある夜、エヴァがティヴィアンの別荘へやってきた。そのくせ彼に指一本ふれさせないエヴァだった。その光景をみたフランチェスカは絶望のあまり自殺した。二年たった。いまは乞食同然のティヴィアン。が、彼はいまだにエヴァの面影を求めている。今日もヴェニスは雨にけむり、ゴンドラが漂っている。

関連するキネマ旬報の記事

1963年7月下旬号

外国映画批評:エヴァの匂い

1963年7月上旬創刊45周年記念特別号

外国映画紹介:エヴァの匂い

1963年6月上旬号

新作グラビア:エヴァの匂い

1963年5月上旬号

旬報試写室:エヴァの匂い