男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アトランティック・シティ

  • あとらんてぃっくしてぃ
  • Atlantic City, U.S.A.
  • ----

amazon


  • 平均評点

    73.3点(30人)

  • 観たひと

    59

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス カナダ
製作年 1980
公開年月日 1989/5/27
上映時間 104分
製作会社 FR3=SDICC=ステラ・フィルム=シネ・ネイパー
配給 シネセゾン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ニュージャージー州のカジノの街“アトランティック・シティ”を舞台に、盗まれた麻薬がひきおこす犯罪に巻き込まれた初老の男とひとりの女の出会いと夢を描く。製作はデニス・エロー、監督は「さよなら子供たち」のルイ・マル、脚本はジョン・グアーレ、撮影はリチャード・シュプカ、音楽はミシェル・ルグランが担当。出演は「ローカル・ヒーロー 夢に生きた男」のバート・ランカスター、「さよならゲーム」のスーザン・サランドンほか。

あらすじ

禁酒法の下、闇取引きと不正賭博で繁栄したアメリカ、ニュージャージー州、東海岸沿いのカジノの街“アトランティック・シティ”にも近代化の波は押し寄せ、古き良き時代は過去のものとなりつつある。カジノのバーで働きながらジョゼフ(ミシェル・ピッコリ)の指導のもとでディーラーになる勉強をしているサリー(スーザン・サランドン)は、かつて故郷で結婚していたが、夫デイヴ(ロバート・ジョイ)が妹クリッシー(ホーリス・マクラーレン)と駆け落ちしてしまい、今は独り暮らし。ところがその二人がフィラデルフィアでくすねた麻薬を売りさばくため彼女のもとにやってきた。サリーは妊娠中の妹を野宿させるわけにもいかず、渋々彼女のみ同居を許した。サリーの隣人で数字賭博の仲介を生活の糧にしている男ルー(バート・ランカスター)は、この街で40年間独り暮らしをしていた。彼は階下に住む関節炎で寝たきりの生活を送っているガールフレンドのグレース(ケイト・レイド)の世話をしていたが、秘かにサリーに好意を寄せていた。デイヴは街のデパートで、ルーが昔数字賭博を仕切っていたことを知り、地元のヤクザとの仲介を頼むため、自分の若い頃を美化する空いばりの小心者の彼をおだてあげ納得させる。しかし麻薬を現金にかえヤクザの事務所から出てきたルーが見たものは、何者かに殺されたデイヴの姿だった。大金を手にしたルーは戦慄すると同時に胸がときめくのを感じていた。彼は突然の夫の死に当惑するサリーを折りにつけ親身に世話をし、二人は次第に親しさを増していく。それまでサリーは隣にどんな人物が住んでいるのかさえ知らなかった。ディーラーの試験まで3週間というある日、デイヴがくすねた麻薬の本来の持ち主であるフィラデルフィアのヤクザがサリーとルーを襲い、サリーはバーをクビになる。そしてサリーを守ろうとしたルーは、そのヤクザ二人組を拳銃で射殺するのだった。自分の人生にとって最大の事件に遭遇した喜びに有頂天のルーにサリーは麻薬で儲けた金を盗み取り彼のもとを去る。ルーは彼女の行動を悟りつつもサリーを自由にし、彼は残りの麻薬を売りさばきグレースのもとに戻った。

関連するキネマ旬報の記事

1989年8月上旬号

外国映画紹介:アトランティック・シティ

1989年6月下旬号

外国映画批評:アトランティック・シティ

1982年4月上旬号

特別グラビア :アカデミー賞ノミネート作品 レッズ/炎のランナー/アトランティック・シティ/レイダース