男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

処刑教室(1982)

  • しょけいきょうしつ
  • Class of 1984
  • Class of 1984

amazon


  • 平均評点

    56.7点(50人)

  • 観たひと

    80

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 カナダ カナダ
製作年 1982
公開年月日 1983/1/22
上映時間 0分
製作会社 ゲリラ・ハイ・プロ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ある地方の高校に赴任して来た教師と、学園を牛耳る不良学生の対決を描く。製作はアーサー・ケント、エクゼキュティヴ・プロデューサーはマーク・レスターとメリー・リン・ロス。監督は「ローラー・ブギ」のマーク・レスター。脚本はレスターとジョン・サクストン、トム・ホランドが共同で執筆。撮影はアルバート・ダンク、音楽はラロ・シフリン、主題歌をアリス・クーパーが歌っている。出演はペリー・キング、ティモシー・ヴァン・パタン、メリー・リン・ロス、ロディ・マクドワル、アル・ワックスマンなど。

あらすじ

一九八四年、エイブラハム・リンカーン高校は暴力学園として近隣に知れわたっていた。ある日、この高校に一人の音楽教師ノリス(ペリー・キング)が赴任してきた。ノリスが最初に目撃して驚いたのは、生物教師コリガン(ロディ・マクドウォール)がピストルを携帯していることだった。教師たちは自ら武装しなければ、不良グループから身を守れない程、この学校には暴力がはびこり、荒廃していた。不良グルーブのリーダー、ステッグマン(ティモシー・ヴァン・パタン)は早くもノリスに眼をつけ、授業妨害を始めた。バンヤード(キース・ナイト)、ドラッグストア(ステファン・アーングリム)などの手下を引きつれたステッグマンは、真面目なデニーン(E・フラナリー)たちが来たるべき音楽祭にそなえてリハーサルしている教室にやってきて、悪態をついた。その夜、自宅で妻ダイアン(メリー・リン・ロス)とくつろいでいるところへ、ステッグマンたちが押しかけ、血ノリ入りの水鉄砲で血ノリを浴びせ本格的な宣戦布告を行なった。デニーンのボーイフレンドのアーサー(マイケル・J・フォックス)の友達であるジミーは、ステッグマンたちが流すヤクに冒されており、ラリった末に国旗掲揚のポールに登り墜落死するという事件が起こった。ノリスはこれを契機に不良グループを一掃するよう校長に迫るが、校長は世論を気にして弱腰に終始した。その夜、ノリスの車が焼き払われた。翌日、コリガンが可愛がっていた実験用動物が殺され、怒ったコリガンは遂に授業中、ステッグマンの手下に拳銃を向け、無理矢理質問に答えるよう強いた。コリガンはその夜、街にたむろするステッグマンたちに向って車を暴走させ他の車と激突炎上死した。いよいよデニーンたちの音楽発表会の日がやってきた。指揮棒を持って舞台に立つノリスは、客席に眼をやったが、妻の姿が見えない。ちょうどその頃、ステッグマンたちはノリスの家を急襲、ダイアンを輸姦していたのだ。ステッグマンはダイアンを人質にして音楽会場に乗り込んできた。殺るか殺られるか、もはやステッグマンと全面対決するしかなかった。ノリスは一人また一人と殺していく。そしてついに音楽会場の屋根裏でステッグマンと対決し、格闘の末、ノリスは屋根からステッグマンをたたき落とした。

関連するキネマ旬報の記事

1983年3月下旬号

外国映画批評:処刑教室

1983年2月上旬号

グラビア:処刑教室

1983年1月下旬号

外国映画紹介:処刑教室

1982年12月下旬号

試写室:処刑教室