キネマ旬報シアター

NEWS

2022.9.27
【『こちらあみ子』舞台挨拶】
◆10/1(土)『こちらあみ子』13:35~の回上映終了後、舞台挨拶(45分程度)とパンフレットへのサイン会を実施。
◆ご登壇者:森井勇佑監督、大沢一菜さん(あみ子役)、大関悠士さん(のり君役)

※該当回のチケットをお持ちのお客様がご参加いただけます。
※全席指定席/チケットの販売は当日8:45より当劇場窓口にて!
※感染症対策にご協力お願いいたします。
※急遽変更、中止となる可能性がございます。予めご了承ください。
2022.9.23
【<音感上映>開催決定!】
●『グレイテスト・ショーマン』スクリーン2
♪9/24(土)、♪9/25(日)、♪9/28(水)、♪9/30(金) 17:40~ 

【<大人の音感上映>開催決定!】
●『20歳のソウル』スクリーン1
♪9/24(土)、♪9/27(火)、♪9/29(木) 19:00~ 

※全席指定席/チケットは当日窓口のみの販売

【音感上映】とは…「音を感じる上映回」の略称です。
通常上映より遥かに音量を上げた大迫力のイベント上映です。
作品に合わせて各スピーカーのボリュームを調整し、
より臨場感のある映画体験をお楽しみいただけます!
2021.12.24
【ご来館されるお客様へ】
下記のリンクにて、お客様へのお願いと劇場での取り組みをまとめております。
ご来館の際には、必ずご確認をお願い致します。

<新型コロナウイルス感染予防>ご来場のお客様へ・劇場での取り組み

現在の上映作品

<当館では作品によって全国共通前売券・ムビチケ等がご利用いただけない場合がございます。 事前にお問い合わせください。>


上映スクリーンにつきましては、こちらをご参照ください。



2022年9月24日(土)~2022年10月14日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「ボイリング・ポイント/沸騰」

thumb

(C) MMXX Ascendant Films Limited

ロンドンの人気高級レストランのオーナーシェフ、アンディは疲れ切っていた。次々と見舞われるトラブルに予約過多で一触即発状態のスタッフたち。全編ワンショットで崖っぷちシェフの予測不能な一夜が描かれていく。

  • 監督:フィリップ・バランティーニ/出演:スティーヴン・グレアム、ヴィネット・ロビンソン、レイ・パンサキ ほか/2021年/PG12

2022年9月24日(土)~2022年10月7日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「荒野に希望の灯をともす」

thumb

(C) Nihon Denpa News Co.,Ltd.

アフガニスタンとパキスタンで35年にわたり、病や貧困に苦しむ人々に寄り添い続けた、医師・中村哲。戦火の中で病を治し、井戸を掘り、用水路を建設したのはなぜか?そして中村は何を考え、何を目指したのか。

  • 監督:谷津賢二/朗読:石橋蓮司/語り:中里雅子/2022年

2022年9月24日(土)~2022年10月7日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「セイント・フランシス」

thumb

(C)2019 SAINT FRANCES LLC ALL RIGHTS RESERVED

うだつがあがらない日々に憂鬱感を抱えながら働くブリジットは34歳。夏のナニー(子守り)の短期仕事を得るのに必死だ。そんなブリジットの人生に、ナニー先の6歳の少女フランシスらとの出会いによって、少しずつ変化の光が差してくる。

  • 監督:アレックス・トンプソン/出演:ケリー・オサリヴァン、ラモーナ・エディス・ウィリアムズ、チャリン・アルヴァレス ほか/2019年

2022年9月24日(土)~2022年9月30日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

<第3.6回インド大映画祭 IDE2022>
「カルナン -Karnan」

thumb

(C)V. Creations

抑圧されているコミュニティであるポディヤンクラム村にはバス停がなかった。隣村メールールとの関係が悪化するのを打開すべく青年カルナンが立ち上がる。しかし彼とポディヤンクラム村を待ち受けていたのは壮絶な運命であった…。

  • 監督:マリ・セルヴァラージ/出演:ダヌシュ、ヨーギ・バーブ ほか/2021年

2022年9月24日(土)~2022年9月30日(金)

鑑賞料金:一般1500円/一作品
サービス料金はこちら

<追悼・ジャン=リュック・ゴダール>
「勝手にしやがれ 4Kレストア版」
※当館では2K上映。

thumb

(C)1960 STUDIOCANAL - Societe Nouvelle de Cinematographie - ALL RIGHTS RESERVED.

自動車泥棒で逃走中に警官を殺した男は、かつて南仏でベッドを共にした新聞記者志望のアメリカ人留学生のアパートへ転がり込む。金を調達し二人でイタリアへ逃れようとする男と夢をかなえようとする女の行く末は…。

  • 監督:ジャン=リュック・ゴダール/出演:ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ ほか/1960年

2022年9月24日(土)~2022年9月30日(金)

鑑賞料金:一般1500円/一作品
サービス料金はこちら

<開館9周年ありがとう特集 当館でもう一度観たい!リクエスト特集>
「街の上で」

thumb

(C)「街の上で」フィルムパートナーズ

下北沢の古着屋で働いている荒川青は、基本的にひとりで行動している。そんな青に、美大に通う女性監督・町子から、自主映画への出演依頼が舞い込む。

  • 監督:今泉力哉/出演:若葉竜也、穂志もえか、古川琴音、萩原みのり、中田青渚 ほか/2019年

2022年9月24日(土)~2022年9月30日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「標的」

thumb

(C)ドキュメントアジア

元朝日新聞記者・植村徹氏。30年前に書いた元慰安婦の記事をめぐって、「捏造記者」の汚名を着せられ、国家にとって不都合な報道に対するバッシングはエスカレートして行く……。

  • 監督:西崎真司/2021年

2022年9月24日(土)~2022年9月30日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「女神の継承」

thumb

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

小さな村で暮らす若く美しい女性ミンが、原因不明の体調不良により人格が変わったような凶暴な言動を繰り返す。母親は祈祷師である妹のニムに助けを求めるが、ミンに取り憑いた「何者か」は、ニムの想像をはるかに超える強大な存在だった。

  • 監督:バンジョン・ピサンタナクーン/出演:サワニー・ウトーンマ、ナリルヤ・グルモンコルベチ、シラニ・ヤンキッティカン ほか/2021年/R18+

2022年9月17日(土)~2022年10月7日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「メタモルフォーゼの縁側」

thumb

(C)2022「メタモルフォーゼの縁側」製作委員会

17歳の女子高生と75歳の老婦人。二人をつないだのはボーイズ・ラブ。傑作漫画の実写化。

  • 監督:狩山俊輔/出演:芦田愛菜、宮本信子、高橋恭平(なにわ男子)、古川琴音 ほか/2021年

2022年9月17日(土)~2022年9月30日(金)

鑑賞料金:一般1500円/一作品
サービス料金はこちら

<開館9周年記念 歴代動員数ランキングベスト10特集>
「グレイテスト・ショーマン」

thumb

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

19世紀半ばのアメリカ。興行師バーナムは型破りなショーを成功させるが、社会には認めてもらえない。そんななか、英国女王に謁見する機会を得たバーナムは、オペラ歌手ジェニーと出会い…。

  • 監督:マイケル・グレイシー/出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロン、ゼンデイヤ ほか/2017年

2022年9月17日(土)~2022年9月30日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「島守の塔」

thumb

(C)2022 映画「島守の塔」製作委員会

沖縄戦末期に本土より派遣された2人の内務官僚、戦中最後の沖縄県知事・島田叡と警察部長・荒井退造。2人はそれぞれ十字架を背負いながら県民疎開に尽力する。一億総玉砕が叫ばれる中、島田は叫ぶ。「命どぅ宝、生きぬけ」。

  • 監督:五十嵐匠/出演:萩原聖人、村上淳、吉岡里帆、香川京子 ほか/2022年

2022年9月10日(土)~2022年10月7日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「20歳のソウル」

thumb

(C)2022「20歳のソウル」製作委員会

市立船橋高校に受け継がれる応援曲「市船soul」。この楽曲を作曲した浅野大義は20歳という若さでこの世を去った。仲間、家族、恋人に支えられながら、音楽を愛した大義の人生、そして、「市船soul」に纏わる感動の実話を映画化。

  • 監督:秋山純/出演:神尾楓珠、尾野真千子、佐藤浩市 ほか/2022年

2022年8月27日(土)~2022年10月7日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「エリザベス 女王陛下の微笑み」

thumb

(C)Elizabeth Productions Limited 2021

誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。世界でもっとも有名な女性である英国君主エリザベス2世。在位70周年となる祝福の年に、初の長編ドキュメンタリー映画が公開。最高にチャーミングでユーモアたっぷりの女王の姿をご覧あれ!

  • 監督:ロジャー・ミッシェル/出演:エリザベス2世、フィリップ王配、チャールズ皇太子 ほか/2021年

2022年8月27日(土)~2022年10月7日(金)

鑑賞料金:一般1900円/一作品
サービス料金はこちら

「PLAN 75」

thumb

(C)2022「PLAN75」製作委員会 / Urban Factory / Fusee

夫と死別してひとりで慎ましく暮らす角谷ミチは78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は、満75歳から自らの生死を選択できる制度<プラン75>の申請を検討し始める。

  • 監督:早川千絵/出演:倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実 ほか/2022年