キネマ旬報シアター

NEWS

2015.5.15
6月1日(月)よりフリーパスがリニューアル! 1年間、スクリーン2専用等、貴方にぴったりのパスが選べます。
2015.5.7
お得なトークショー付上映のご案内!該当回のチケットをお持ちのお客様は上映後のトークショーへそのまま参加可能。全席指定席、発券は上映の1週間前からとさせていただきます。
・5/26(火)「赤と黒」11:15~ ゲスト:セテラ・インターナショナル代表取締役・山中陽子さん

2015年5月23日(土)~6月12日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

キネマ旬報プレミアム(スクリーン1)

thumb

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.

サッチャー政権下のイギリスで、ストが長引き困窮する炭坑労働者たちを支援しようとする同性愛者グループとウェールズ奥地の炭鉱町の人々とが結ぶ友情を、実話をベースにカルチャー・クラブやザ・スミスなど1980年代のヒット曲にのせて描いたドラマ。

  • パレードへようこそ
    (監督:マシュー・ウォーチャス/出演:ビル・ナイ、イメルダ・スタウントンほか/2014年)

2015年5月23日(土)~6月12日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

キネマ旬報プレミアム(スクリーン1)

thumb

(C)2015『味園ユニバース』製作委員会

大阪のある広場で開催されていたバンドのライブに男(渋谷すばる)が突如乱入し、マイクを奪う。観客たちは男の他を圧倒するような歌声に息をのんだ。バンドやマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は一体何者なのか詰め寄るものの、彼は記憶喪失になっており自分の名前すら思い出せないでいた。歌声に惹かれたカスミは男をポチ男と呼ぶことにし、自宅のスタジオで働かせ面倒をみることにする。男はヴォーカルとしてバンドに迎えられるが、男の過去には大変な問題があった……。

  • 味園ユニバース
    (監督:山下敦弘/出演:渋谷すばる、二階堂ふみほか/2015年)

2015年5月16日(土)~5月29日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

フランス映画特集(スクリーン1)

thumb

(C)CIM Productions 

老舗ファッション・ブランド“ディオール”のパリコレまでの8週間の舞台裏を捉えた記録映画。新たなディレクターにラフ・シモンズが就任して以来初となるディオールの12年秋冬コレクション発表は、世界のファッション関係者から注目されていた。

  • ディオールと私
    (監督:フレデリック・チェン/出演:ラフ・シモンズ、フロレンス・シュエほか/2014年)

2015年5月23日(土)~6月5日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

キネマ旬報セレクション(スクリーン2・3)

thumb

(C)2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

劇的な環境変化によって、寿命が尽きかけている未来の地球。新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、居住可能な新たな惑星を探すという、生きて帰れるかわからない重大な使命を担う壮大な旅に、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男と、数少ないクルーが選ばれる。人類の限界を超え、不可能にも思える史上最大のミッションのため、前人未到の未開の地へ旅立った一行は、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することができるのか……。

  • インターステラー
    (監督:クリストファー・ノーラン/出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイほか/2014年)

2015年5月23日(土)~6月5日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

キネマ旬報セレクション(スクリーン2・3)

thumb

(C)Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.

大きな瞳でどこか悲しげな子供を描いた絵画『BIG EYES』シリーズが1950~1960年代に一大ブームとなり、作者のウォルター・キーンは一躍脚光を浴びた。しかし真の作者は彼ではなく、彼の妻マーガレットだった。彼女は内気な性格で、唯一自分の感情を表すことができるのは『BIG EYES』だけだった。そんな『BIG EYES』を欺瞞から守るために、マーガレットは真相を公表しようとする……。

  • ビッグ・アイズ
    (監督:ティム・バートン/出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツほか/2014年)

2015年5月23日(土)~5月29日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

フランス映画特集(スクリーン2・3)

thumb

(C)1954 Gaumont - Documento Films

スタンダール(1783-1842)の著名な小説を「青い麦」のクロード・オータン・ララが監督するイーストマンカラー色彩の作品で、脚色台辞は「青い麦」のコンビ、ジャン・オーランシュとピエール・ボストの二人が担当している。大工の息子ではあったが大工仕事よりもラテン語の勉強に身を入れるジュリアン・ソレルは、シェラン僧院長の推薦でヴェリエエルの町長ド・レナアル侯爵家の家庭教師となった。ド・レナアル夫人はいつしかジュリアンに愛情を抱くようになったが…。

  • 赤と黒
    (監督:クロード・オータン・ララ/出演:ジェラール・フィリップ、ダニエル・ダリュー/1954年)

2015年5月23日(土)~5月29日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

フランス映画特集(スクリーン2・3)

thumb

(C)1952 GAUMONT (France) / RIZZOLI FILMS (Italie)

「悪魔の美しさ」に次ぐルネ・クレールの一九五二年作品で、例によって脚本・潤色・台詞・監督をひとりで担当している。現実と夢の交錯を描いたコメディ。貧しい音楽教師クロードは、隣家の娘シュザンヌに愛されていたが、どっちを向いても憂うつなことだらけの世の中にすっかりクサっていた。だが彼はふと迷いこんだ夢の世界で素晴しい歓びを発見した。時はさかのぼって一九〇〇年、自作の曲を夜会で披露したクロードは、若い貴婦人エドメに並々ならぬ好意を寄せられ、オペラ座の支配人は彼のオペラの上演を約束してくれた。

  • 夜ごとの美女
    (監督:ルネ・クレール/出演:ジェラール・フィリップ、マルティーヌ・キャロル/1952年)

2015年5月16日(土)~5月29日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

フランス映画特集(スクリーン2・3)

thumb

(C)1990 LAMBART Productions - TF1 Films Production

女の床屋さんと結婚すると決めた男と謎に満ちた美しい女理髪師との奇妙な恋物語。ドーヴィルの海岸沿いの家に住む少年アントワーヌは、床屋に行くのが大好きだった。ある日「女の床屋さんと結婚する!」と宣言、驚いた父に殴られてしまうが、彼は心を固く決めたのだった。それから10数年後、大人になったアントワーヌは、一軒の床屋で美しい女理髪師マチルドを見かける……。

  • 髪結いの亭主
    (監督:パトリス・ルコント/出演:ジャン・ロシュフォール、アンリー・ホッキング /1990年)