キネマ旬報シアター

NEWS

2017.4.22
【『キネ旬パス』受付終了のお知らせ】

平素は、当劇場をご愛顧いただきまして、誠に有難うございます。
これまでご提供してまいりました各種キネ旬パスについて、当劇場の提供サービス見直しに伴い、来る2017年4月末日をもって販売受付を停止させていただくこととなりました。
継続利用をご希望のお客様には、申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願い致します。
今後ともお客様にご満足いただける新たなサービスを検討してまいりますので、引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

【販売受付終了日】 2017年 4月30日

・キネ旬パス(年間)  新規購入および継続更新
・キネ旬パス(半年)  新規購入および継続更新
・キネ旬パス(月額)  新規購入および再入会

なお、発行済の各フリーパスに関しましては、引き続き有効期限までサービスを継続し、ご利用いただけます。但し、月額パスについては、来る7月末日をもってサービスを停止させて頂きます。

また、「友の会」については、引き続き同一内容でサービスをご提供させていただきます。新規入会や継続更新も可能ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

現在の上映作品

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「YARN(ヤーン) 人生を彩る糸」(スクリーン1)

thumb

(C)Compass Films Production 2016

糸を編むことを通じて表現する4組のアーティストの活動を追ったクラフト・アート・ドキュメンタリー。全身ニット集団と街を闊歩、糸を使ったパフォーマンスなど、個性的なアーティストたちが、その活動から“YARN”=糸に人生そのものを見出してゆく。

  • 監督:ウナ・ローレンツェン/出演:オレク、サーカス・シルクール、ティナ、堀内紀子 ほか/2016年

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」(スクリーン1)

thumb

(C)TRIO IN PRAGUE 2016.

モーツァルト生誕260年を記念して制作された天才音楽家を巡る愛と陰謀のドラマ。プラハで『フィガロの結婚』のリハーサルと新作の作曲に励むモーツァルトは、若手オペラ歌手スザンナと出会い、惹かれあう。だが、パトロンのサロカ男爵も彼女を狙っていた…。

  • 監督:ジョン・スティーブンソン/出演:アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ ほか/2016年

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「ルージュの手紙」(スクリーン1)

thumb

(C)CURIOSA FILMS-VERSUS PRODUCTION-FRANCE 3 CINEMA (C) photo Michael Crotto

フランスの2大女優、カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロが共演した人間ドラマ。パリ郊外に暮らすクレールの元に、30年前に姿を消した継母ベアトリスから連絡が入る。わだかまりを抱えつつも、次第に失われた年月を埋めてゆく2人だったが…。

  • 監督:マルタン・プロヴォ/出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、カトリーヌ・フロ、オリヴィエ・グルメ ほか/2017年

2018年1月13日(土)~2018年1月26日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「ビジランテ」(スクリーン1)

thumb

(C)2017「ビジランテ」製作委員会

『22年目の告白 私が殺人犯です』の入江悠監督によるオリジナル脚本作品。幼い頃に失踪した長男、市議会議員の次男、デリヘルの雇われ店長の三男。父親の死をきっかけに再会した3人だったが、それぞれの欲望や野心、プライドがぶつかり、運命を狂わせていく。

  • 監督:入江悠/出演:大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、篠田麻里子 ほか/2017年/R15+

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

「ル・アーヴルの靴みがき」(スクリーン2)

thumb

(C)Sputnik Oy photographer:Marja-Leena Hukkanen

1980年代から一貫して社会の片隅でひっそりと生きるアウトサイダーを見つめてきた名匠カウリスマキが、今作ではヨーロッパの深刻な移民問題を描き出す。庶民の人情と善意がたぐり寄せる奇跡を、時に優しく、時にこぼれだすオフビートなユーモアを交え、つむぎだされたヒューマン・ドラマの傑作。

  • 監督:アキ・カウリスマキ/出演:アンドレ・ウィルム、カティ・オウティネン、ジャン=ピエール・ダルッサン ほか/2011年

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

【2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン 外国映画第7位】
「希望のかなた」(スクリーン2)
※こちらの作品は各種フリーパス、スクリーン2・3専用鑑賞券はご利用いただけません。

thumb

(C)SPUTNIK OY, 2017

2017年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したアキ・カウリスマキ監督作。フィンランドの首都ヘルシンキ。生き別れの妹を探すシリア難民の青年カーリドは、差別や暴力に晒されるなか、レストランオーナーのヴィクストロムと出会い、彼の店で働き始めるが…。

  • 監督:アキ・カウリスマキ/出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン ほか/2017年

2017年12月30日(土)~2018年1月26日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「関ヶ原」(スクリーン2)
※こちらの作品は各種フリーパス、スクリーン2・3専用鑑賞券はご利用いただけません。

thumb

(C)2017 「関ヶ原」製作委員会

司馬遼太郎の同名小説を『日本のいちばん長い日』の原田眞人が映画化。戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。有利と言われた西軍を率いる石田三成は、なぜ徳川家康に負けたのか?

  • 監督:原田眞人/出演:岡田准一、役所広司、有村架純 ほか/2017年

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

「静かなふたり」(スクリーン3)

thumb

(C)KinoEletron - Reborn ProducCon - Mikino - 2016

イザベル・ユペールの娘ロリータ・シャマ主演、パリの古書店を舞台に風変わりな愛を綴るラブストーリー。都会生活に馴染めない不器用なマヴィは、祖父と孫ほど年の離れた古書店店主ジョルジュと書物を通し心を通わせるが、彼には闇に包まれた過去があり…。

  • 監督:エリーズ・ジラール/出演:ロリータ・シャマ、ジャン・ソレル、ヴィルジニー・ルドワイヤン ほか/2017年

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

【2017年を振り返る名作 一挙上映!】
「美女と野獣(2017)」(スクリーン3)

thumb

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1991年製作の同名ディズニーアニメを『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン主演で実写化。魔女に呪いをかけられ醜い野獣に変えられてしまった王子と、美しく聡明な女性ベルが惹かれ合っていく姿を映し出す。

  • 監督:ビル・コンドン/出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ユアン・マクレガー ほか/2017年

2018年1月20日(土)~2018年2月2日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「密偵」(スクリーン3)
※こちらの作品は各種フリーパス、スクリーン2・3専用鑑賞券はご利用いただけません。

thumb

(C)2016 Warner Bros. Ent.All Rights Reserved

日本統治下の朝鮮半島。日本警察所属のイ・ジョンチュルが独立運動団体“義烈団”監視の特命を受ける中、義烈団は日本の主要施設を破壊する爆弾を京城に持ち込もうと画策する。

  • 監督:キム・ジウン/出演:ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、鶴見辰吾、イ・ビョンホン ほか/2016年/PG12