キネマ旬報シアター

NEWS

2021.12.3
【『ゆきゆきて、神軍』舞台挨拶&サイン会決定!!】
■12/4(土)『ゆきゆきて、神軍』11:25~の回上映終了後、舞台挨拶(45分程度)&パンフレットへのサイン会実施。
■ご登壇者:原一男監督

※該当回のチケットをお持ちのお客様がご参加いただけます。
※全席指定席/チケットの販売は当日8:45より当劇場窓口にて!
※感染症対策にご協力お願いいたします。
※急遽変更、中止となる可能性がございます。予めご了承ください。
2021.12.3
【『スズさん ~昭和の家事と家族の物語~』舞台挨拶&サイン会決定!!】
■12/5(日)『スズさん ~昭和の家事と家族の物語~』12:10~の回上映終了後、舞台挨拶(45分程度)&パンフレットへのサイン会実施。
■ご登壇者:大墻敦監督

※該当回のチケットをお持ちのお客様がご参加いただけます。
※全席指定席/チケットの販売は当日8:45より当劇場窓口にて!
※感染症対策にご協力お願いいたします。
※急遽変更、中止となる可能性がございます。予めご了承ください。
2021.12.3
【<音感上映>開催決定!】
●『くじらびと』スクリーン1
12/4(土) / 12/5(日)/ 12/7(火)/ 12/10(金) 15:50~

※全席指定席/チケットは当日窓口のみの販売

【音感上映】とは…「音を感じる上映回」の略称です。
通常上映より遥かに音量を上げた大迫力のイベント上映です。
作品に合わせて各スピーカーのボリュームを調整し、
より臨場感のある映画体験をお楽しみいただけます!
2021.10.1
【ご来館されるお客様へ】
当館では当面の間、営業時間を
8:45~20:00
とさせていただきます。

お客様にはご不便をお掛けしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

下記のリンクにて、お客様へのお願いと劇場での取り組みをまとめております。
ご来館の際には、必ずご確認をお願い致します。

<新型コロナウイルス感染予防>ご来場のお客様へ・劇場での取り組み

現在の上映作品

<当館では作品によって全国共通前売券・ムビチケ等がご利用いただけない場合がございます。 事前にお問い合わせください。>



2021年12月4日(土)~2021年12月17日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「スウィート・シング」(スクリーン1)

thumb

(C)2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED

15歳の少女ビリーと弟ニコは、酒のトラブルが尽きない父アダムと暮らしている。ある日、父が強制的な入院措置となり、二人は家を出た母イヴのもとへ行くが…。

  • 監督:アレクサンダー・ロックウェル/出演:ラナ・ロックウェル、ニコ・ロックウェル、ウィル・パットン、カリン・パーソンズ ほか/2020年/PG12

2021年12月3日(金)~終了日未定

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「悪なき殺人」(スクリーン1)<封切上映>

thumb

(C)2019 Haut et Court - Razor Films Produktion - France 3 Cinema visa n° 150 076

吹雪の夜、フランスの人里離れた村で一人の女性が殺された。この事件を軸に5つの物語が展開、5人の男女が思いもかけない形で繋がっていく。

  • 監督:ドミニク・モル/出演:ドゥニ・メノーシェ、ロール・カラミー、ダミアン・ボナール ほか/2019年/R15+

2021年11月27日(土)~2021年12月10日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「くじらびと」(スクリーン1)

thumb

(C)Bon Ishikawa

モリ一本で巨大なマッコウクジラに挑む伝統の捕鯨を400年間続けながら暮らすインドネシアのラマレラ村の人々。自然と共生する彼らの姿を、30年間追い続けてきた写真家であり映画監督の石川梵がとらえた美しくも力強いドキュメンタリー。

  • 監督:石川梵/2021年/PG12

2021年11月20日(土)~2021年12月10日(金)以降未定

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「護られなかった者たちへ」(スクリーン1)

thumb

(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

東日本大震災から10年目の仙台で不可解な殺人事件が相次いで発生。被害者はいずれも人格者だった。刑事の笘篠は容疑者の利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま第3の事件が起きようとしていた。

  • 監督:瀬々敬久/出演:佐藤健、阿部寛、清原果耶、林遣都、倍賞美津子 ほか/2021年

2021年12月4日(土)~2021年12月17日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「コレクティブ 国家の嘘」(スクリーン2)

thumb

(C)Alexander Nanau Production, HBO Europe, Samsa Film 2019

2015年、ルーマニアのクラブ“コレクティブ”で実際に起こった火災事件を発端に、製薬会社や病院、長期政権に連なる癒着と腐敗の真実が暴露されていく。火傷で入院した人たちが次々に細菌感染で亡くなっていったその原因とは…。

  • 監督:アレクサンダー・ナナウ/出演:カタリン・トロンタン、カメリア・ロイウ、テディ・ウルスレァヌ、ヴラッド・ヴォイクレスク ほか/2019年

2021年12月4日(土)~2021年12月17日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「ドライブ・マイ・カー」(スクリーン2)

thumb

(C)2021「ドライブ・マイ・カー」製作委員会

舞台俳優であり、演出家の家福悠介の妻がある秘密を残したまま突然この世を去ってしまう。2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は愛車のサーブで広島へと向かう。そこで寡黙な専属ドライバーみさきと出会う。

  • 監督:濱口竜介/出演:西島秀俊、三浦透子、岡田将生、霧島れいか ほか/2021年/PG12

2021年11月6日(土)~2021年12月10日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「MINAMATA―ミナマタ―」(スクリーン2)

thumb

(C)2020 MINAMATA FILM, LLC

1971年、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれたユージンは、冷静にシャッターを切り続けるが…。

  • 監督:アンドリュー・レヴィタス/出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイ ほか/2020年

2021年12月4日(土)~2021年12月10日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

「ゆきゆきて、神軍」(スクリーン3)※フィルム上映

thumb

(C)疾走プロダクション

己れをたった一人の“神軍平等兵”と名乗る過激なアナーキスト・奥崎謙三が、二人の兵士を“敵前逃亡”の罪で処刑した元上官たちを訪ね、真相を究明する姿を追ったドキュメンタリー。

  • 監督:原一男/出演:奥崎謙三 ほか/1987年

2021年12月4日(土)~2021年12月17日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「スズさん ~昭和の家事と家族の物語~」(スクリーン3)

thumb

(C)映画「スズさん」製作委員会

東京郊外に昭和26年(1951年)に建てられた木造2階建の住宅は、いまでは「昭和のくらし博物館」となり、当時の人々の暮らしを伝えている。この博物館が実家でもある館長の小泉和子さんが、母・スズさんの生活の知恵を語る。

  • 監督:大墻敦/語り:小林聡美/出演:小泉和子 ほか/2021年

2021年11月20日(土)~2021年12月10日(金)

鑑賞料金:特別料金2800円、シニア・学生 2,500円、HC(ハンディキャップ)割引 2,000円、市役所割 2,200円/一作品

「ボストン市庁舎」(スクリーン3)
※特別興行につき、鑑賞券等ご利用いただけません。
※途中10分間の休憩がございます。

thumb

(C)2020 Puritan Films, LLC - All Rights Reserved

多様な人種・文化が共存する大都市ボストンは、ワイズマン監督の故郷であり、現在も暮らす街である。飄々と市庁舎のなかへ入り込んだカメラは、数百種類ものサービスを提供する知られざる市役所の舞台裏を映し出す。

  • 監督:フレデリック・ワイズマン/2020年